楽天ファッション人気ランキング☆
最強債務整理
実録!借金1億円をほったらかしで消していく秘伝書

ハゲからの生還

2007年09月09日

台風発生のしくみ

台風やハリケーン・サイクロンなどの熱帯低気圧発生の機構については様々な説が唱えられてきた。
現在では、「偏東風波動説」が多くの支持を集めている。南北両半球の北緯(南緯)30度付近には、赤道で上昇して北上(南下)した空気が上空に滞留して下降し、「亜熱帯高圧帯」が形成される。北太平洋高気圧もその例であるが、これらの高気圧から赤道方向に向けて吹き出した風はコリオリの力を受けて恒常的な東風になる。これが偏東風で、この風の流れの中にうねり(波動)ができると渦度が生じ、熱帯低気圧となるという考えである。なぜ波動が出来るのかはまだはっきりしないが、実際の状況には最もよく合致した説である。
ただし、そうして発生した波動の多くは発達せずにつぶれてしまう。1万メートル以上の上層に高気圧を伴う場合には高気圧の循環による上昇気流の強化により台風に発達すると思われる。また海水の温度が26度以上であることも重要な条件であり、高温の海面から蒸発する水蒸気が放出する潜熱が原動力になっている。


台風やハリケーン・サイクロンの仕組みが解明されれば、台風予報とかできるんでしょうか?あるいは台風の発生を抑えたり、進路をコントロールしたり・・・そんなことができたら便利ですが・・・

    体を巡る血管、血液について 介護福祉士の登録


posted by のりやまさん at 19:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。